ズレズレ人生 谷あり底あり

ズレまくりの人生50年。谷はあっても山はない。明日はきっと良いことあるだろう。お大事に。

テレビ・メディア

NHKでブランケット・キャッツがドラマに?撮影場所とか重松清とか

投稿日:2017年6月24日 更新日:

NHKの金曜ドラマ10でブランケット・キャッツがはじまりましたよね。猫好きにはたまらない内容だけど、里親に出すときに今の風潮を反映していたりして、結構楽しめます。撮影場所ってどこなんでしょうかね。原作は重松清の作品ですよね。7回シリーズなので、今後が楽しみです。

スポンサードリンク

NHKでブランケット・キャッツがドラマに 

NHKのドラマ10って、金曜日の夜10時のドラマ。だいたい、8回とか10回シリーズで人気ですよね。

そもそもドラマの場合は、NHKってふんだんにお金をかけれるから、出来が違いますよね。といっても、毎回見ている訳じゃないけど。

そんな中、6月23日から始まったのがブランケット・キャッツってことで、何やら猫の物語かなってことで見てみることにしました。

主演は西島秀樹。あと、吉瀬美智子。この二人っていうのが、また視聴率を稼ぐかも。私は別にどっちのファンでもないけど。

あと、知らないかったけど、島崎遥香っていうのも、世間一般では注目されているんですか?やたら、名前が出ていたけど。

で、主人公の西島秀樹のところに7匹の猫がいて、そのネコの貰い手を探しているっていうのが大筋っていうと、元も子もないけど。

吉瀬美智子は、西島秀樹の幼馴染ってことですが、動物病院を開業していて、そのネコの事が心配で、しょっちゅう見に来ているっていう関係。

そもそもは、西島秀樹の奥さんが交通事故で亡くなって、その奥さんが猫を7匹飼っていたけど、西島秀樹はそれまで猫の名前も知らないという無関心ぶり。

それでも7匹は飼えないし、仕事の邪魔をされるから、里子にだそうっていうのが、ドラマの本筋。

ですが、そこにいろんな人間模様があって、ネコ好きならもちろんのこと、そうでなくても、純粋にドラマとして楽しめるっていう内容です。と言っても、ネコ好きとしてはねえ。時代の風潮を反映しているなあとか思ってみてました。

まず、里子に出すっていうか、里親募集をしているんですけど、当然猫が欲しいっていうカップルがやってきました。

が、同棲中ってことで、「同棲中にはやらない」って言うシーンがあるんですよね。これって、里親になりたりっていっても、同棲カップルは断られるっていうのが、常識ですからね。

あと、トライアル期間を設けていたり、ただこれが3日だったんですよね。通常は1週間から10日。長いと2週間ってこともあります。そこはドラマの筋が3日じゃないといけなかったからみたい。

それから、里親になりたいっていう人に、預けるときに「部屋を見せてくれ」っていうシーンもあって、これまた今は里親になる場合は、ちゃんと脱走防止策がされているかとか、その辺りもみますからね。

ってことで、そんなところも猫好きは気になりました。が、一番はなんと言っても、猫がよくしつけられていること。

もちろん、タレント猫なんでしょうけど、西島秀樹の肩に乗っていたり、仕事の邪魔をしたりっていうのが、よく撮れていました。その辺も笑えます。

っていうか、タレント猫って、その筋じゃあ有名みたい。金時っていう猫ちゃんが出ているんですけど、ファンは「金時が出ているから観ることにした」とかいう人もいるぐらい。こういうところにもオタクがいるんですね。

NHKブランケット・キャッツのドラマの撮影は?

ところで、そのブランケット・キャッツ、東京って言う設定ですが、どのあたりか気になるところ。

23日の1話で出来た喫茶店は大田区とのこと。大森駅東口の「珈琲亭ルアン」ってことで、ここはよくドラマにもつかわれているみたいです。

電柱に貼ってある住居表示は読み取れなかったので、実際はどのあたりかわかりませんが、今後注目したいところですね。

ちなみに、2017年6月24日現在、エキストラの募集はないみたい。NHKの公式番組ホームページで募集するみたいだから、気になる人はチェックですね。


スポンサードリンク

NHKブランケット・キャッツのドラマの原作は重松清

で、そのブランケット・キャッツって、そもそもは重松清の短編小説。何やら2003年にasahi.comに掲載されたものだったんですよね。

その後、2007年だったか2008年だったかに図書としても発行されているので、そっちを読んでいた人も多いんじゃないですかね。

で、今回もどうもその原作の短編に即した形でドラマ化されたみたい。ですから、全部で7回ってことみたいですね。

そうは言っても、小説をドラマ化するとねえ。いろいろと賛否両論ありますよね。俳優と演出によると思うけど。

私はこのブランケット・キャッツは、原作を読んでないので、純粋にドラマを楽しみたいと思います。

原作があるもののドラマ化っていうとねえ、西村京太郎シリーズですかね。原作はほとんど読んでいるけど、ドラマはドラマで楽しいですけどね。

大藪春彦も映画化されたものとかは、原作も読んでいるけど、あれはもう松田優作が主人公を演じたって言う段階で、どっちもアリでしたね。

ということで、このブランケット・キャッツ、原作を読んでいる人はどうみているのかも気になるところですが、ネコちゃんの動向も楽しみにしたいものですね。


スットコドッコイな関連記事

ズレ蔵の戯言

猫って、私も最近に気になりだしけど、本当にスゴイ人気みたいで、この前も2時間ドラマで、ハウスクリーニングのお店の名前が、キジトラナンチャラってことで、キジトラの猫ちゃんのマークになっていました。

そういう意味では、社会現象なのかもしれませんね。っていうか、キティちゃんって猫ですよね。あれは、日本が生んだ世界的な成功例だと思いますけど。

そういえば、10年ぐらい前にセブンイレブンで、なんかキャンペーンやっていて、くじ引いたらキティちゃんのぬいぐるみが当たりました。

後ろに女子高生が並んでいて、「いいなあ!!」って叫んでいたから、上げようかと振り向いたら3人いたから、喧嘩になってもアレってことで、そのまま持ち帰りましたけど。

ちなみに、招き猫も右手と左手と両方もっています。といっても、人もお金も集まらないんですけどね。世の中厳しいってことで。では、良いネコちゃんを。

スポンサードリンク

-テレビ・メディア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

西村京太郎サスペンスの新十津川警部シリーズのキャストや伊豆は?

スポンサードリンク スットコドッコイな関連記事 西村京太郎サスペンスのドラマはいろいろとあるけど、やっぱり十津川警部シリーズですよね。何やら新十津川警部シリーズってことで、キャストも一新したみたい。や …

土曜ワイド劇場のタクシードライバーの推理日誌の犯人とか出演者とか

スポンサードリンク スットコドッコイな関連記事 土曜ワイド劇場の事を書いてたら、やっぱりタクシードライバーの推理日誌も面白かったですよね。これまた犯人っていうのが、美人女優ってことで、それも楽しみでし …

ブロバイダーの変更は契約時期が関係するけどおすすめとかauとか

スポンサードリンク スットコドッコイな関連記事 ブロバイダーって、ネットオタクならいら知らず、普通の人なら、最初に契約したところをずっと使っているって言う人が多いですよね。いざ変更しようと思ったら契約 …

税務調査官窓際太郎31の舞台は下関?麻生祐未や他のキャストは?

スポンサードリンク スットコドッコイな関連記事 中年ニートになってたときに、やたら2時間ドラマを見るようになったけど、月曜ドラマスペシャルの「税務調査官窓際太郎」は面白いですよね。それに、今回の31作 …

東京タラレバ娘のドラマが面白いけどキャストとかロケ地とかは?

スポンサードリンク スットコドッコイな関連記事 東京タラレバ娘って、なんか人気マンガらしいけど、1月からドラマがはじまりましたね。結構おもしろくて見てしまいました。それにキャストがねえ。大爆笑です。ロ …

ad by medi-8

yorezo70
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。