男性の更年期は疲れやすいし対処はどうする?何科に行けばいいの?

男性の更年期は疲れやすいし対処はどうする?何科に行けばいいの?

男性の更年期も市民権を得てきましたが、

男性の更年期はやたら疲れるし眠いし。

対処法って言ってもねえ。そんなことは

既にやってるし。これはもう病院に行くしかない。

でも、何科にいけばいいんでしょうかねえ。

スポンサードリンク

男性の更年期は疲れやすい?

最近やたら疲れる。疲れるし眠いし。

えっ?疲れるのは最近だけじゃないだろうって?

失礼、失礼。そうでした。以前から疲れまくって

50年。これまた歳だからしょうがない。

って思っていたんですが、眠いというのもねえ。

春眠暁を覚えずで、春なら分かるけど秋だからねえ。

確かに涼しくなると、ぐっすり寝ることができます。

が、休日なんかでも、朝目が覚めて、一回起きて

ご飯食べたり新聞読んだり、ネットサーフィンしたり。

でも、また眠くなるんですよね。

それに、何に対してもやる気がおきないし。

って、それも以前からでしたが、これまた症状がひどい。

おネエちゃんにも興味がない。はいはい、これまた

岡田奈々と原田知世しか知りませんからね。

最近はそういう女性もいないし。って、昭和のアイドル

をまねる人はいるはずないし。

はいはい、居たとしても私には関係ない。

ってことで、これはもう完全に男性の更年期ですよね。

男性の更年期もここ10年ぐらいで市民権を得てきました。

やる気がしない、やたら眠い、何事にも興味を持てない。

関節や筋肉が痛い。って、じぇんぶ症状が当てはまっています。

特に眠いのはねえ。睡眠障害なんでしょうかねえ。

睡眠時間自体は7時間は取っているし、途中で起きることも

ないんですけどね。それでも眠いというのは、

やっぱりちゃんと眠れてないのか。

実は無呼吸症候群なのか。独居中年だとその辺も分かりません。

まあ、人生半世紀も過ぎると、更年期でもなんでも

身体に不具合は起きてしまいます。

私の場合は身体だけじゃなくて、人生の不具合も起きていますが。

ってことで、とりあえず仕事をする上でも支障がないようにしないとね。

男性の更年期の対処は?

ということで、男性 更年期 で森田検索すると、

うじゃうじゃ記事が出てきます。

そこで対処法とかみるとねえ。

良質な睡眠を心がける、ストレスを溜め込まない、適度な運動をする。

ってなっています。が、そんなことはねえ。前から心がけています。

睡眠は、首都圏のサラリーマンじゃないから、職場まで30分、

残業もほとんどないから、上に書いたように7時間は寝ています。

が、それでも眠い。眠りが浅いってことなんでしょうね。

ストレスもねえ。転落人生になってから、

責任ある仕事はしてないから、猫が言うこと聞かないぐらい。

運動は逆に膝痛があると、ウォーキングすらできなくなっている

という状態なんですよね。

ですから、膝痛を治すのが先か、更年期を治すのが先か

ってカンジ。それでもねえ。激務のサラリーマンと比べるとねえ。

更年期になる要因は少ないですよね。

まあ、こればっかりはしょうがないってことで、

近いうちに病院に行ってこようと思っています。

スポンサードリンク

男性の更年期は何科に行く?

ところで、男性の場合、更年期っていうと

何科に行けばいいんでしょうかねえ。

男性の更年期と聞くと、すぐに男性機能の低下。

ってことで、泌尿器科を連想するみたいですが、

もちろんそれでもいいけど、内科でもいいんです。

結局は血液検査とかして、男性ホルモンが減っているかどうか、

それに対しての処方になりますからね。

私みたいに病院に行くのが趣味の場合は、

今のかかりつけ医にまずは相談するのが一番。

なんですが、今の先生、花粉症が専門ってことになっています。

が、春になると先生自身もぐしゅぐしゅやっていますからね。

果たして男性の更年期に対応してくれるんだろうか。

まあ、これまた男性の更年期専門医も増えてきているので、

気になる方は、専門医に行ってみるのがいいかもしれませんね。

【第1類医薬品】金蛇精,120錠、きんじゃせい、マヤドー、摩耶堂、視力、記憶力、精力の減退に、男性更年期、男性ホルモン、男子強壮保健薬

スットコドッコイな関連記事

ズレ蔵の戯言

そういえば、30歳をすぎたころから、やたら疲れるようになったんですよね。

当時は本当に激務。始発で行って終電で帰るような生活。

ですから、ちゃんとうつ病とも診断されたし。

なんですが、今みたいにのんべんだらりーズになっても

疲れが取れないっていうのもねえ。

これまた22世紀の難病かも。

とりあえず、次回の診察日に更年期みたいなので、

血液検査をしてくださいって言ってみまーす。

では、お大事に。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。