ズレまくりの人生50年。谷はあっても山はない。明日はきっと良いことあるだろう。お大事に。

ズレズレ人生 谷あり底あり

世の無常

夏休みの旅行で涼しいところで近いところは?温泉とかアクセスとか

更新日:

夏休みの旅行、そろそろ考えないとっていう人も多いみたい。でも、休みがそんなに取れないからって言う人もねえ。そうは言っても涼しいところには行きたいし、でも、近いところがいいし。できれば温泉とかあるとねえ。アクセスなんかも教えてください。ってアンタもわがままねえ。

スポンサードリンク

夏休みの旅行で涼しいところで近いところは?

寒冷地に住んでいると、夏はウッシッシなんですよね。なんたって、夜はエアコン入れなくてもいいし。

下手すると、窓開けて寝てると、風引いたりしますからね。寝苦しい夜っていうのは遠い過去の話。

ってことで、夏場にどこかにわざわざ行こうとは思わないけど、首都圏だとねえ。暑くて暑くて溶けちゃいますよね。

エアコンも家にいる間はフル回転。勤めに出ていても、タイマーで帰ってくる1時間前には入れないとねえ。死んじゃおロースになりますからね。

そうすると、やっぱり夏休みは涼しいところに行きたいですよね。若い人は、海とか言ってるけど、ミドルエイジになるとねえ。涼しいところでのんびりとねえ。

って言っても、首都圏から行ける涼しい所っていうと、どこですかね。もちろん北海道とかだといいけど、休みがねえ。3日もないんですっていう人も多いみたい。

そうすると、すぐに思い浮かぶのが軽井沢。新幹線で1時間ですしね。ただ、軽井沢って別荘地じゃないですか。

ですから、別荘を持ってない人だと、ペンションとかになるけど、結構若い人も多いから、ゆったりって言うわけにはいかないんですよね。

それに、夏の軽井沢って激混みじゃないですか。休みの日まで激混みのところに行くっていうのもねえ。これまた若い人じゃないとね。

どこかいいところないですかねえ。って思っていたら、あるじゃないですか。丸沼。どこそれ?って言う人も多いかな。

スキー・スノボとかやるオタンコナスだったら、あー、はいはいってところですよね。群馬県と栃木県の県境。

丸沼高原スキー場ってことで、北海道並のファインスノーっていうのが謳い文句。っていうのも、標高が高いんです。

スキー場のセンターハウスがあるところが、既に標高1500メートル。ゴンドラで上まで登ると、2000メートルってことで、夏でも上着を持っていかないと寒いぐらいです。

周辺にはペンションもたくさんあるから、泊まりでゆったりっていうのも問題ありません。

それに、関越道で練馬から120キロってことで、お盆でもそんなに込まないんです。まあ、それは時間帯によるけど。

早朝に出るか、逆に少し遅く昼前とかにすれば、3時間もあれば到着です。それに、丸沼って県境っていうことは、すぐに栃木。

ってことは、帰りは東北道で東京に向かえば、これまた時間帯によるけど、そんなに混雑しません。

その時期、東北道の下りは混むけど、上りはお盆明けのラッシュじゃないと、そうでもないんですよね。

ってことで、現地で昼ごはん食べても、ゆっくり夕方には帰り着くってことで、涼しくて近いといえば、丸沼高原、おすすめです。

夏休みの旅行で涼しいところの温泉は?

というのも、群馬って温泉天国じゃないですか。ですから、関越自動車道の沼田インターでおりて、国道120号で、ずんずん丸沼高原に向かうと、道端にも温泉がじゃんじゃんあります。

丸沼高原のスキーハウスの中にも、坐禅温泉っていうのがあるし、周辺のペンションにも温泉を引いたところがたくさんあります。

それに、金精道路で栃木側に渡れば、いわゆる奥日光っていうところだから、これまた温泉郷。

温泉旅館もあるし、ペンションも温泉完備ってことで、泊まりは奥日光にしてもいいかも。とにかく、長野市よりも標高が高いから、夜は窓開けて寝ると風邪ひきますよ。お気をつけください。


スポンサードリンク

夏休みの旅行で涼しいところのアクセスは?

そんな丸沼高原、アクセスはっていうと、首都圏からだったら、やっぱり関越自動車道の沼田インターで降りて、国道120号を日光方面です。

だいたい45キロだから、普通に走って60分。以前は椎坂峠があったから、走り屋は喜んでいたけど、そうじゃないとチョットねえっていう人も。

今は、トンネルができたから、くねくね道を走る必要はありません。人生がくねくねしているのは知りません。

帰りは、そのまま戻ってもいいけど、関越道って夕方は首都圏に向かう上りは激混みですよね。ですから、栃木周りで、東北道から帰った方がいいかも。

ただ、そうするといろは坂を通らないといけないから、それが嫌な人は、沼田に引き返した方がいいかも。

夏はそんなに込んでないから、ゆっくり走れば大丈夫。奥日光から、段々と高度が下がってくるから、日光駅ぐらいまで来ると、チョット気温もあがりますけどね。

そこからは、日光道路で東北道に合流、あとは浦和インターを目指せば、だいたい2時間ぐらいで到着です。

ということで、普通の週末でも、十分行ってこれるのが丸沼高原ってことで、この夏は行って来ても良いんじゃないでしょうか。
丸沼温泉 環湖荘(かんこそう)


スットコドッコイな関連記事

ズレ蔵の戯言

丸沼高原、冬は超寒いってことで、雪質にこだわるオタンコナスは、インターから一番遠いけど、丸沼まで行ってますよね。

夏に行った時は、ゴンドラで上まで登れば、日光白根山ってことで、登ろうとしたけど、途中で断念。

だって、途中に等高線1ミリぐらいしかないところがあるんです。普通に登ろうとしても、息も絶え絶え。救心飲んでもダメでした。

そんな中、50代後半か60歳ぐらいの人が、トレランのトレーニングみたいに、走って登っていたのには、ポカーンとして見てるだけでした。

まあ、そんなことしなくても、ゴンドラ降りたところには足湯もあるし、周辺を散策するだけでも、リフレッシュ出来ると思います。良い丸沼を。

関連記事
夏でも涼しいところは長野だと白馬?

スポンサードリンク

-世の無常
-,

Copyright© ズレズレ人生 谷あり底あり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。