50代で転職を繰り返すのはどうして?異業種での成功もある?

50代で転職を繰り返すのはどうして?異業種での成功もある?

50前後になって、突然今の生き方でいいんだろうか?

ってことで、早期退職したり転職したりする人も増えています。

が、結構そういう人って転職を繰り返したりねえ。

業種に拘ると上手くいかなかったりするから、

いっそのこと異業種にしてみるのも

成功の鍵っていわれていますけどね。

スポンサードリンク

50代で転職を繰り返すのは?

燃え尽き症候群じゃないけど、

50歳前後のサラリーマンで、

はたと、今のままの人生でいいんだろうか?

って思う人が増えているとのこと。

今まで一生懸命営業成績を上げてきたとか、

同期のトップで出世してきたとか、

そういう言う人も多いみたい。

結局、自分のこの先の人生を考えたときに、

仕事というか、会社以外に何も無いじゃん。

ってことなんですよね。

まあ、私のように、仕事をするということに

適性が無い人間はそんなことを考えたこともなかった

ですけどね。

で、そういう人は、早期退職に応募したり、

いきなり転職したりってことをするみたい。

が、そうなんです。50歳というとねえ。

いくら人手不足っていっても、書類で落とされます。

何とか潜り込んでも、こんなはずじゃなかったとかね。

経験者の私が言うけど、年齢で落とされるんです。

別に私の経歴がすばらしかった訳じゃないけど、

当時いた地方都市だと、そういう業種の経験者が少ない。

ですから、年齢さえ若ければほしかったみたいですが、

ハローワークでも、ヘッドハンティング会社でも、

「この年齢だと、まず書類で落とされるんです」

だって。もちろん、その道で日本有数の人なら別

でしょうけどね。

ってことで、一部上場の大手会社で

こんなプロジェクトを遂行したとか、

あんな新企画を打ち立てたっていっても、

それじゃあ、その会社にいればよかったじゃないですか。

ってことで、相手にされないんです。

で、なんとか入れた会社は、これはヒドイっていうような、

会社という体をなしてないような会社だったり、

まあ、問題のある会社しか採ってくれませんよね。

それで、どんどん転職を繰り返すっていう訳ですな。

ってことで、50代になると、転職はヘッドハンティングとか、

知り合いから来てくれって言われないと、

お勧めはできません。

あっ、もちろん、誰かみたいに、せんべい屋でも

饅頭屋でもやろうっていうのなら、

ぜひチャレンジしてみてください。

成功するかどうかは知らないけど。

50代の転職で異業種には?

あと、結構多くてびっくりするのが、

今までの経験を生かした仕事をしたい

って言う人。だからー、それだったら、

今の会社にいればいいじゃないですか。

えっ?リストラされた?それは失礼いたしました。

でもね。業種に拘ると、やはり50歳になると

厳しいんですよね。

で、業種業態によっては、異業種の経験がいきるから、

じぇひ来てほしいっていうところもあります。

私が今勤めている会社なんかもそうですが、

社長みずから、「2年もやれば、だいたいのことは

分かるし、まあ、誰でもできるからね」って、

もちろん、それにはひたすら日々修行の精神で

やらないといけませんけどね。

で、サラリーマンも30年近くやっていると、

いろいろと人との交渉とか、社内営業とか、

知らないうちにスキルがついていますよね。

それの応用でできることも多かったりします。

ですから、営業しかしないとか、企画しかしないとか、

言ってないで、とりあえず採用してくれるところがあれば、

やってみるのもアリだと思いますよ。

まあ、私なんか、20年以上勤めた電波発射会社がねえ。

電波発射会社とは名ばかりで、ほとんどなんでも屋。

ってことで、苦情係から、スクール事業、書店営業とか、

これのどこが電波発射会社?ってことばかり。

えっ?スタジオのドア閉めて、ボタン押して笑っているだけ

じゃなかったのかって?それは後半の一時期ですからね。

ってことで、まあ、何でもやってみると、

これまた私のようなインチキ・チキオでもできるから、

仕事があるだけ幸せの精神でやっていきましょう。


スポンサードリンク

50代の転職で成功は?

あっ、一つ書き忘れましたが、最初に、転職するなら、

ヘッドハンティングから、知り合いや元上司からの

引き合いに限るというようなことを書きました。

もちろん、ずっとバリバリ仕事をしていて、

それの延長なら問題ありません。

っていうか、そういう話なら転職もバッチリ・チリバツ・

チリバツ共和国。

ですが、たとえば数年前とか10年前に一緒に仕事をした人、

10年前の元上司とかからの話だと気をつけないと。

っていうのは、5年以上経つと、お互いかなり歳を取っていますよね。

そうすると、先方は、5年10年前のあなたのイメージで

話をもってくるんです。

が、当然歳ともに心身ともに老化というか疲れが出ますよね。

ですから、先方はもっと仕事をしてくれると思ってたとか、

こっちは、こんなきつい仕事とは思わなかったとか

っていう不具合が起こりますからね。

その辺は、しっかり今の状態をお互い確認しておくことが重要です。

私なんか、去年できたことが今年はできない。

朝、伸びをしただけで足がつる、わき腹がつる、

マッサージをしてもらったらもみ返しがくる。

ってことで、本当に、歳だからしょうがない毎日になっていますからね。

お気をつけください。
なるべく働きたくない人のためのお金の話 [ 大原扁理 ]


スットコドッコイな関連記事

ズレ蔵の戯言

毎朝ストレッチをしているんですけど、

どうも膝が痛い。ってことで、接骨院に行ったら、

腿が縮こまっていますね。だって。

ストレッチをしてください。

って言われたから、毎朝やっていますけど。

って答えたら、じゃあやってみてください。

ってことでやってみたら、「それじゃあじぇんじぇん

ストレッチになっていません」ってことで、

知らないうちに可動域が狭くなったままの

ストレッチもどきでした。

人生のストレッチもできればいいのにね。

では、お大事に。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。