ズレズレ人生 谷あり底あり

ズレまくりの人生50年。谷はあっても山はない。明日はきっと良いことあるだろう。お大事に。

テレビ・メディア

西村京太郎サスペンスの新十津川警部シリーズのキャストや伊豆は?

投稿日:2017年1月24日 更新日:

西村京太郎サスペンスのドラマはいろいろとあるけど、やっぱり十津川警部シリーズですよね。何やら新十津川警部シリーズってことで、キャストも一新したみたい。やっぱりまずは伊豆が舞台みたいですよ。見ましたか。

スポンサードリンク

西村京太郎サスペンスの新十津川警部シリーズがはじまった

西村京太郎ってサスペンス系の読者には人気ですよね。っていうか、私も彼の作品はずっと読んでおります。

当然テレビでも多くの局でドラマ化されています。テレビ朝日系、TBS系が多いかな。過去にはフジテレビか日テレかもやっていましたが、今はテレ朝とTBSですかねえ。

で、もちろん西村京太郎サスペンスって言っても、いろんなシリーズがあって、一番人気は十津川警部シリーズ。

これまた、テレ朝は十津川警部を高橋英樹。TBSは渡瀬恒彦が演じていました。過去にはフジかどっかで、高島政伸がやったりしてたけど、やっぱり高橋英樹ですよね。

あと、西村京太郎サスペンスって言っても、沢口靖子が主役のものもあるけど、やっぱり列車というか電車というか鉄道ミステリーですよね。

が、今回ナント、TBSの方が新十津川警部シリーズってことで、内藤剛志が十津川警部を演ずるっていうんだから、まあそれもありかなというカンジ。

渡瀬恒彦も、最近っていうか、ここんところは刑事役がバッチリなんで、ちょっと残念ですが、何やら闘病のためとか。彼ももう結構いい年ですからね。

また、元気になって戻ってきてほしいと思います。ってことで、昨日書いた東京タラレバ娘じゃないけど、原作を読んでいると、ドラマ化されるとちょっとねえっていうのはありますよね。

ただ、西村京太郎シリーズは、そもそもがサスペンスだから、ドラマはドラマとして楽しめるんじゃないかと思います。

西村京太郎サスペンスの新十津川警部シリーズのキャストは?

そんな新十津川警部シリーズ、十津川警部は内藤剛志っていうのはいいけど、他のキャストが気になりますよね。

一番は、やっぱり十津川警部の相棒というか、一番信頼している亀井刑事。これがねえ。難しんですよね。

今まで伊東四郎で、特に原作を読んでいる人なら、バッチリって言うカンジでしたが、今回は石丸謙二郎っていうんだからねえ。ちょっとねえってカンジです。

そういえば、テレ朝系の十津川警部シリーズも、ずっと愛川欽也だったんですけど、今は高田純次なんですよね。

やっぱり亀井刑事は伊東四郎や愛川欽也みたいな、ちょっとどっしりしたカンジじゃないとねえ。

あと、テレ朝系だと北条刑事って女性刑事が必ず山村紅葉なんです。まあ、山村紅葉は、面白いからいいんですけど、原作だともう少し若いんじゃないかと思います。

そういう意味では、たまにテレ朝系で出ていた古川りかとかのほうが、北条刑事のイメージなんですけどね。

今回の新十津川警部では、前田美波里とかでてきたし、若い女優ということで、齋藤めぐみを抜擢したのはいいけど、ちょっと頼りないカンジでしたね。

十津川警部の奥さん、十津川直子もやっぱり浅野ゆう子の方いいですよね。池上季実子も、若い頃はきれいだったんでしょうけど、今はザ・おばちゃんになっていますからね。

それに今回は、捜査一課長に六平直政っていうのが笑ってしまいますよね。刑事部長が西岡德馬というのは、それなりのカンジですが、この二人のからみは、結構コミカルでしたね。

原作でもそういう作品もあるので、今回はそれを意識したんでしょうけど、前作まではあんまりそういうシーンがなかったので新鮮でした。今後の展開を楽しみしていたいと思います。


スポンサードリンク

西村京太郎サスペンスの新十津川警部シリーズといえば伊豆?

そうそう、それで十津川警部シリーズっていうと、鉄道ミステリーだから、いろんなところがロケ地になるけど、今回は伊豆でした。

そういう目でみると、やっぱり伊豆とか長野とかは、東京からアクセスがいいからロケ地に最適なのかも。

特に伊豆はねえ。よくサスペンスドラマに出てくる吊橋とかあるじゃないですか。私も行ったことがあるけど。結構目がくらみます。

そのあたりは、ロケ地の方も慣れたところのほうが、俳優さんやスタッフにも受けがいいのかな。

ってことで、次回のロケ地がどこなのかも、これまた楽しみの一つです。

ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン


スットコドッコイな関連記事

ズレ蔵の戯言

という西村京太郎サスペンスですが、実は学生時代東京から実家の山口に新幹線で帰る時に、西村京太郎の本を読むのが通例になっていました。

当時は片道7時間ぐらいかかっていたから、だいたい1冊読めていたんですよね。往復で2冊。

それに新幹線だと、鉄道ミステリーに合致して、なんか小説の中にいるみたいでしたしね。

今はねえ。老眼で読むのが大変です。これまた歳だからしょうがないってことで。では、お大事に。

スポンサードリンク

-テレビ・メディア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

SSL化のメリットって?費用とかワードプレスでのやり方とか?

ここんところ、結構SSL化って叫ばれていますよね。いわゆるホームページがhttpsで始まる奴。最初見たときは、httpの誤植かと思ったけど、この「s」が入っているのが重要。でも、そのSSL化のメリット …

土曜ワイド劇場といえば温泉マル秘大作戦の森口瑤子とか宿とか

スポンサードリンク 土曜ワイド劇場、今は日曜ワイドになったけど、好きなシリーズっていうと、やっぱり温泉マル秘大作戦も書いておかないとね。森口瑤子がいいっていうのもあるけど、ドラマの中では、実際の温泉旅 …

ドラマ好きで水戸黄門症候群な人って?ネタバレしても印籠がなくても?

スポンサードリンク ドラマ好きの人と話していると、意外と水戸黄門症候群の人っているんですよね。でも、あれってネタバレしているんですけどね。現代劇だと印籠がないのも多いし。ってことで、日本人は基本的に水 …

ラジオのFMとAMどっちが好き?ラジコとかラジオの映画とかも

スポンサードリンク 先日ラジオでチャラン・ポ・ランタンが出てたっていう話を書いたら、ラジオって言ってもFMとAMとあるし、最近ではラジコとかあるしって言われてしまいました。そう言えば、ラジオが舞台の映 …

氷の世界は大変だけど氷の世界と言うと井上陽水?りんご売りって?

スポンサードリンク なんか今年は雪が遅いと思ったら、遅れているだけで雪の量は多いですよね。寒冷地はそれが氷になるから大変。まさしく氷の世界ってことで。でも、氷の世界っていうと、やっぱり井上陽水ですよね …

yorezo70

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。