スラックラインのワールドカップが小布施で開催?トレーニングって?

スラックラインのワールドカップが小布施で開催?トレーニングって?

スラックラインのワールドカップが小布施で開催されるってことで、地元は大盛り上がり。そもそもスラックラインってなんなんですかね。69歳でトレーニングにしている人もいるとか。でも、日本チャンピオンって小学生なんですよね。

スポンサードリンク

スラックラインのワールドカップが小布施で開催?

何やらスラックラインのワールドカップが長野県小布施であるってことで、地元は大盛り上がり。そもそもスラックラインってなあに?って人もいるかな。

スラックラインって、いわゆる綱渡り。はいはい、私の人生のことです。綱の代わりにラインっていうか、幅が3~5センチのリボンっていうかそういう平たいものの上を歩くっていうのも。

歩くだけじゃなくて、そこで飛んだり跳ねたりってことで、技を競うのが大会で、それが世界的に行われているのでワールドカップもあるってことなんですよね。

そんなサーカスみたいなのができるの?っことですが、バランス感覚を磨くっていうか、そういうトレーニングで、結構スキーヤーとかスノボのオフトレでやっている人も多いです。

私も6~7年前かなあ。たまたまスラックラインって言っても、高さは30センチぐらいのものでしたが、張ってあったので立ってみようとしてみました。

が、当然人生のバランスが悪い私が立てるはずもないってことで、すぐに転落。まあ転落って言っても人生じゃなくて、単にラインの上に立つことされできなかったってことです。

そんなスラックライン、実は小学校とかで授業に取り入れているところもあるし、職場の休憩スペースに張ってあったりするみたい。

ってことで、実は一部では大人気なんですよね。確かに手軽に体幹とかインナーマッスルを鍛えて、バランス能力もアップするんじゃあねえ。やりたくなりますよね。

中には69歳でやっている人もいて、それまでちょっとした段差にもつまづいていたのが、スラックラインをやるようになって、じぇんじぇんつまづかなくなったとか。

ってことは、私もスラックラインをやれば、人生につまづかなくなるんだろうか。はいはい、そんなこと言ってるとニコニコおネエさんが出没しますからね。

「じゃあ、スラックラインでジャンプしてみましょう」とか、鬼みたいなこと言われるとねえ。再起不能になるから気を付けないとね。

スラックラインでトレーニングって?

と言っても、上に書いたように、今ではいろんなところにスラックラインがあって、それを目的にトレーニングする人も多いみたい。

いろんな技ってことで、それを録画してもらって、さらにレベルアップするとか。まあ、どの世界にもアンポンタンはいますからね。

ただ、普通のっていうかスラックライン専門店じゃなくても、スポーツクラブとかでも、スラックラインを取り入れたレッスンをするところは増えていますね。

確かにバランス感覚は向上するし、それにはインナーマッスルとか、いろんなところの強化になりますからね。

ただ、こういうのって小さい子の方が得意ですよね。中年のオッサンで頑張っている人もいるし、その69歳の人もいるけど。

トランポリンなんかもそうだったけど、小さい頃はすごく楽しかったのが、中年になってやったら、真っ直ぐ上に飛ぶだけでもできなくて、すぐに場外にってことになりましたからね。

はいはい、それだけ人生のバランスが崩れているってことですからね。ただ、これって道具もいらないし、1年中できるから、ヨレヨレ中年脱出計画にはいいかもしれませんね。ちょっと探してみますかね。


スポンサードリンク

スラックラインの日本チャンピオンは?

ところで、そのスラックライン、今の日本チャンピオンって小学生なんですよね。11歳かなんかで、小布施の練習場で練習しているみたい。

テレビで放映されていたけど、ホントサーカスみたいにテープの上を渡るっていうより、テープを使ってのパフォーマンスってカンジでした。

小さい時って身体も軽いから、敏捷な人だといろんなことができますよね。ある意味器械体操とかが得意な人はちょちょいのチョイかも。

はいはい、私はその前にデバラ星人だから、前後のバランスも悪いですしね。バランスが悪いといろんなところに不具合が出てしまいます。こまったものだ。
【あす楽対応】【スラックライン】 【WCP slackline】 Classic 15m (ツリーウェア付)綱渡り 日本メーカー発売 バランスウォーカー スタンダードライン ドッペルギャンガー 体幹 ボルダリング アウトドア


スットコドッコイな関連記事

ズレ蔵の戯言

スラックラインは、ホントスノボとかスキーやオフトレでやるって言うイメージでしたが、これだけ大繁盛するとは夢にも思いませんでした。

手軽にできるっていうのと、老若男女誰彼問わず始められるっていうのも人気の一つでしょうね。スノボのオフトレというより、人生のリハビリにやってみたいと思います。では、良いスラックラインを。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。