仕事をしたくない理由はやる気がないから転職というのも心の声?

仕事をしたくない理由はやる気がないから転職というのも心の声?

仕事をしたくないって、もう何十年も言っているけど、その理由は働くのがいやだからですよね。って言っても転職しても仕事はしないといけないし。仕事をしたくないという心の声に従うと幸せになれるとか?ホントですか?

スポンサードリンク

仕事をしたくない理由は?

お盆休みが明けて、仕事したくなーいとか言ってる人も多いけど、私なんか仕事したくないのはエブリデイですからね。

小学校のときからそうだったけど、学校に行くのは好きなんですよね。友達と遊べるから。でも、勉強は嫌い。

ってことで、中学高校大学と、毎日学校には遊びに行っていました。大学なんかゼミの教授が漫才オヤジだったからねえ。

卒研やってる振りして、教授と与太話ばかりしていました。まあ、それが人生与太話の原点かもしれないけど。

ですから、学校卒業してから20年以上勤めた電波発射会社でも、もちろん会社に行くのは好きでしたが、仕事は嫌い。

そのうちブログストラテジストとか、与太話をする仲間ができてくると、これまた土日は与太話の相手がいないから、逆に寂しかったりねえ。

ってことなんですが、その後転落人生でなんとか毎日凌いでいるけど、そうなると、中々会社に遊びに行くって言うわけにはいかないじゃないですか。

ですから、ストレスも溜まるしね。それに、通常の会社だと、会社には仕事をしに来ているから、みなさん10分仕事50分休憩とかいう概念はないし。

そういう意味では、食べていかないといけないけど、そろそろ次のステップを考えるべきかも知れません。

そう、年収90万円でハッピーライフじゃないけど、できるだけ勤める時間を少なくして、あとは働かなくても生きていける方法を見つけるってこと。

でも、年収90万円でハッピーライフじゃないけど、勤めによる報酬を月に6~7万にしたら、結構アルバイトとかパートだからラクチンですよね。

で、そのほかネットビジネスでぼろもうけまで行かなくても月に10万円ぐらい稼げればねえ。あとは、住むところを確保して、家賃がかからないか、せいぜい月に1~2万だとやっていけますよね。

というのも、どうも仕事に対する考え方っていうのが、周りと違いすぎて、世間の人は、男たるもの、仕事で成果を出してって。そりゃーそうだけどね。

既に人生のリタイアを選んでいる私としては、そんなの勘弁してほしいって思いますよね。それだったら、まだ電波発射会社にずっといたほうが、与太話もできましたからね。

ってことで、今の職場に不満はないけど、人生設計を考えたら、饅頭屋とかせんべいやとかの妄想はそろそろおしまいにして、月に10万円。何かで稼げる方法を見つけないといけません。

あとは、実家の庭にプレハブでも建てて、そこで猫と静かな余生を過ごすってカンジ。週に2日ぐらい、喫茶店とかスーパーのレジうちとかで、ちょっとだけ生活費の足しにするっていうのが理想ですな。

そういえば、電波発射会社を辞めるときは、諸般の事情で実家に帰る予定だったから、実家がある街のイオン安岡店とかのパート情報まで調べたんですけどね。

話によると、イオンからマックスバリューになったそうな。それでも50代の老いぼれを雇ってくれるといいんだけどね。

ってことで、55歳までに次のステップにいける様に、虎視眈々と準備をしていきたいと思っています。

仕事をしたくないから転職

ということで、仕事をしたくないから転職って言う人も多いけど、そこは自分のライフスタイルをきちんと見直してないとね。

単にブラック起業とか、収益が上がらない会社だからっていうので転職するのならいいけど、私みたいに働きたくないっていうのだとねえ。

会社って、利益を出す集合体だから、私みたいな人は要らないってこと。昔はそういう人は市役所とかお役所で9時から5時でさっさと帰るって言う手もあったんだけど。

22世紀の現代は、公務員も民間なみに働かないと、すぐにSNSとかで炎上、炎上、また炎上ですからね。生きにくい時代になったものです。

ですから、上に書いたようにリタイアっていうか、最低限の報酬さえあればいいっていうのなら、正社員とかじゃなくて、アルバイトとかパートに絞って応募しないとね。

そういえば、図書館司書の資格があるから、司書にでも応募しようかと思ったけど、これが結構人気で、倍率がすごいみたい。

給料は臨時職員だから、月に10万円ぐらいなんですけどね。その分月に18日かそれぐらいしか働けないシステム。結構私にはいいかも。

そうは言っても、実際に図書館に勤めたことがないから、書類審査で落ちるかな。大学の同級生が館長とかしているといいだけど。はいはい、逆にすぐに落とされてしまいますね。

スポンサードリンク

仕事をしたくないという心の声は?

ちなみに、私のように仕事をしたくないっていう心の声に従ったって言う人も意外といるみたい。ですが、本を出したり、ブログを書いている人は、みんなそれでよかったって言ってますね。

あのまま勤めていたら、気が狂っていたとか、病気になっていただろとかね。もちろん、リタイアしてすぐは貯金が底をついてどうしようかと思ったとかあったみたいですが。

そうなんです。私の場合は貯金が底をついて、明日のご飯をどうしようかっていうところまでは一緒だけど、それで今があるとはいえませんからね。

あのままいてもおかしくなっていたけど、今も転落人生。世の中の厳しさを実感しているところです。えっ?そもそも頭がおかしかったから、そのままいたら逆にまともになっていたんじゃないかって?参った。参った。

年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]

スットコドッコイな関連記事

ズレ蔵の戯言

ってことで、転落人生真っ只中ですが、人生100年とすると、あとまだ半分ありますからね。今じっくり作戦を練って、いずれ、週休5日、10分仕事50分休憩の毎日になりたいと思っています。

えっ?10年以上前からおんなじことしか言ってないって?だからー、構想10年だってば。実現すると22世紀のライフスタイルになりますからね。はいはい、寝言は寝ていいまーす。では、お大事に。

関連記事
移住の失敗は仕事が一番の理由?

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。