猫のペット保険は必要?おすすめのものとか人気のアニコムとか

猫のペット保険は必要?おすすめのものとか人気のアニコムとか

ペットって健康保険がないから、病院に行くと結構お金がかかりますよね。猫は犬に比べて病気になりにくいっていうけど、ペット保険って必要なんですかね。お勧めってどこでしょうか。人気なのはアニコムみたいだけど。

スポンサードリンク

猫のペット保険は必要?

先日職場の若者と話していたら、生命保険を見直したとか。確かに今はいろんな保険がありますからねえ。

我々が社会人になった頃って、医療保険単独ではなかったから、生命保険の小さいのに入って、その特約で医療保険っていうか、入院保障とかをつけていました。

っていうのも、私のような寂しい中年だと、生命保険って必要ないですよね。逆に入院したときとかに、ちゃんと保障が必要なもので十分。

ってことで、某県民共済にしか入っていません。掛け金は月額2000円。安いものです。と思ってふと考えてしまいました。

そうなんです。うちのオタン子のペット保険の方が高い。どうも人間よりも猫様の方にお金をかけているっていうのもねえ。参った、参った。ってカンジ。

そんなペット保険って必要ですか?って言われてもねえ。こればっかりは人それぞれ。懐具合も違いますからね。

というのも、人間の場合でもそうですけど、たとえば入院しました。手術が必要です。医療費が全部で100万円かかりました。

って言うときに、猫の場合は健康保険がありません。もちろん国保もありません。ですから、全額自由診療っていうか、100万を払わないといけません。

が、お金持ちで、100万円ぐらいだったら別に問題ないっていう人ならペット保険は必要ないですよね。

それに、そこまでいかなくても、ちょっと検査とか治療とかすると、数万円とか合計で10万円かかったとか。

これまたそれぐらいなら私の小遣いで払えるって言う人には保険は必要ありません。その分貯金でもしておいたほうがいいでしょう。

ただ、私のように明日のご飯もどうしようかって言う人の場合は、やっぱり1万円を超えると厳しいですよね。

ってことで、ペット保険に入っていたら、少なくても半分、契約内容によっては7割8割は戻ってくるので、明日のご飯を気にしなくて済むっていう訳です。

ただね。人間の保険もそうですが、ペット保険の場合は年間で支払われる上限っていうのがあるんです。50万円とか70万円とか100万円とか。

これまた保険会社や契約コースによって違うけど。そうすると、難病で手術とその後の処置で200万円かかりましたっていうと、その半分としても100万円。

これが上限50万円の保険だと50万円しか戻ってきません。また、慢性の難病で毎週のように通院して、そのたびに何万円もかかるような治療の場合も、上限の金額しか戻ってきません。

ってことで、その辺を考えると、一概にペット保険に入っていたら安心とは言えないんですよね。

ただ、やはり手術等で10万円20万円かかったって言うときは、その半分とか7割8割戻ってくると助かりますよね。

てなわけで、ご自分の経済状況を考えながら、ペット保険に入るかどうかを検討されるのがいいと思います。

猫のペット保険のおすすめは?

じゃあ、ペット保険に入る場合のおすすめは?ってよく聞かれるけど、これまたその人その人、その猫、その猫によって事情が違いますよね。

一般的には猫って犬に比べて病気をしにくいって言われています。が、ホントですかあって言う気もします。猫を飼っている人なら分かると思うけど。

そう、腎臓系の病気は多いですよね。特に高齢になると。あと、目が大きいっていうか、顔の面積に対しての比率も大きいから、意外に目の病気や障害とか、もちろんよく言われているように歯周病関係とか。

ってことで、未病じゃないけど、ちゃんと予防しておけば、病気にはかかりにくいから、何か大きな病気や怪我のときのために、手術とかそういうのに重点を置いた保険がいいですよね。

が、小さい頃から病弱で、しょっちゅう病院に行かないと行けないような子だったら、通院とか、年間の補償限度額が高い方がいいし。

ってことで、ペットを本当に家族と思うのなら、その子に合った保険をしっかり検討する必要があります。

単にペットで、何かのときのために入っておこうってことなら、名の知れた人間の保険もやっているところで十分ですけどね。

その辺り、気になる方は、一括資料請求で出来るだけ多くの保険会社の資料を請求して、検討してみてくださいね。


スポンサードリンク

猫のペット保険でアニコムは?

じゃあ、よく宣伝しているアニコムにしようかなって言う人もいるでしょう。アニコムいいんじゃないですかね。窓口精算できるし。

っていうのも、通常ペット保険って、病院の窓口で一旦飼い主が全額治療費を払います。で、その後保険会社に保険料を請求するって言うシステム。

ですので、誤飲しました。開腹手術になりました。10万円かかりました。っていうと、一旦10万円病院に払います。

その後、保険会社に請求して、半分なり7割なり返ってくるっていうカンジ。その返金というか、保険金が支払われるタイミングも保険会社それぞれ。

5営業日っていうところもあれば、2週間3週間っていうところもあるし。となると、私のような明日のご飯を食べるのがやっとという人には厳しいですよね。

その点、アニコムだと多くの動物病院と提携しているから、その場でアニコムの保険証書を見せれば、差額分だけ窓口に払えばいいんです。

10万円の治療費でも5万円とか3万円とか。ですから、ボンビー人には助かりますよね。でもその分、猫が高齢になると掛け金が高いです。

ってことで、最近はクレジットカードが使える動物病院も増えているから、保険金が5営業日で払い込まれるところとかを検討してもいいかもしれませんね。
保険スクエアbang! ペット保険


スットコドッコイな関連記事

ズレ蔵の戯言

うちのオタン子はお蔭様で、とっても元気でまだ病院のお世話になったことはありません。あっ、もちろん最初のワクチンとか避妊手術はしてもらっていますが。

ってことで、猫って人間と一緒で小さい頃はやっぱり体調を崩しやすいから、1歳までは保険金もちょっと高めなんですよね。

それもあって、私の県民共済よりも高い保険料を払っています。と言っても、飼い主としては、掛け捨てになるように、ずっと健康で居てくれるのが一番なんですけどね。では、良い保険を。

関連記事
猫の体調はトイレで分かる?

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。